ログイン
HOME » 能勢黒若牛
能勢黒若牛

神様の時間が育てる、至極の赤身


通常、牛は19ヶ月で成熟する生き物です。
しかし一般的に若い牛は「筋肉があるから硬い」と敬遠されるため、生後20カ月を過ぎてもなお糖質を与えられ、たっぷりサシが入るまで寝かされがちです。

確かに“普通に”育てた生後19カ月の牛を提供すると、固くて噛めないとクレームの嵐かもしれません。しかし私たちの飼育方法では生後20カ月までを「神様の時間」と呼び、独自の飼育手法で牛を“リラックス”させながら育てています。

「神様の時間」に良い餌を食べること、清潔な環境で過ごすこと。
これこそが赤身でありながらも柔らかく、それでいて弾力のある味わい深い肉質に育てる条件。能瀬黒若牛が与えてくれる至極の赤身、どうぞご賞味下さい。
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有
HOME 電話する お問い合わせ