ログイン

お知らせ

新橋亭のこだわり

「しあわせな牛を育てること」

私たちが10年かけて生み出した味わいの秘密は、牛にとって「ノンストレス」な環境にありました。
当牧場内では牛たちが、ゆったりとお腹を見せながら横たわる光景がよく見かけられます。それは牛たちが本当にリラックスしている証拠。そもそも草食動物である牛がお腹を見せること自体が珍しく、警戒していない証でもあるのです。寛げる場所と良い餌を与えられた牛たちが醸し出す味わいは、まさしく絶品。
まるで自分の家で暮らすように育てられた「しあわせな牛たち」を育てることは、私たち牧場主の使命でもあるのです。

「エシカルな循環を生み出すこと」

出来る限りこの能勢の地で、出来る限り質のよい循環をつくること。それが良い肉を作ると過去の経験を経て、私たちは確信しています。
良い稲藁をあつめて、牛たちに与える。その稲藁を食べた牛たちが出した牛糞を、有機堆肥として田にかえす。その田から出来た稲からはまた美味しいお米が採れる。お米を収穫した後には、いい稲藁が残り、また牛たちは良い稲藁を食べられる。そしてその牛たちは、美味しく、人々を魅了する味わいとなる…。
このエシカルなサイクルこそが、能勢黒牛・能勢黒若牛を生み出すベースなのです。
 

「ベストな飼育頭数をキープすること」

エシカルな循環を叶えるために、また大切な牛の品質を守るためには、現在飼育している頭数が限界だと考えています。
その数、約70頭前後。常時このくらいの数になるよう、牧場で管理する頭数には制限をかけています。だからこそ私たちには大量生産はできません。一時的にでも、全国展開できる程の生産量も賄えません。
能勢にある焼肉店、直売店、そしてECサイトで数量限定販売できるだけの生産量が、私たちの守るべきライン。すべてはしあわせな牛を育て、質のよい肉を育み、質のよい循環を守り続けるためのラインなのです。

新橋亭が選ばれる3つの理由

牛肉への固定概念を覆す、深みある味わい

濃厚で柔らかい赤身。
水のように、さらりとしたのどごしのサシ。

まさに牛肉の概念を覆してくれるのは、私たちが手塩にかけて育てた能勢黒牛・能勢黒若牛です。牛肉特有の臭みもなく、風味だけが口の中に広がる不思議なお肉たち。その独自の味わいは、食べた人にしか分からない美味しさです。

タレに頼らず、牛肉本来の旨味を楽しむ

まだサシの少ない黒若牛はポン酢かお塩で、サシがのってきた黒牛は自家製のタレでと、牛の旨味を最大限にお楽しみ頂ける調味料をご提案しています。
これは能勢黒牛・能勢黒若牛を愛でて、育み、知り尽くした私たち作り手のこだわり。肉本来の味わいを、存分にご堪能いただくためのこだわりです。

大切な人と集いたくなる、寛ぎの空間

「大切な人に食べさせたい」と、再来店下さるお客様が多々。二度と無いひとときのために、空間演出にもこだわりました。
店は古民家を再利用して趣きあるしつらえに。客席は間仕切りを設け、ゆとりと個室感のある雰囲気に。味わい、薫り、景色、さざめき…。貴重な時間を五感でお楽しみ頂けます。
 

ランチメニュー

11時~14時までランチメニューをお出ししております。

自家牧場で育った能勢黒牛・能勢黒若牛の焼肉定食、ホルモン定食、ビフカツ定食をはじめ、丸昭精肉店の手作りコロッケ定食など…いろんな種類の定食をご用意しています。定食には、ご飯・味噌汁・サラダ・一品・漬物がついているので、男性でも満足いただけるボリューム!

ご飯は、能勢黒牛の堆肥を使って育てた自家米、漬物も当店で漬けております。味噌汁は猪名川の田舎味噌、サラダもなるべく地元産の野菜を使い地産地消に努めています。

「焼肉は高価だから…」と思われるお客様に能勢黒牛を食べていただくため、リーズナブルなお値段で美味しい定食をお出ししております。ぜひ、新橋亭のランチをご賞味ください。

ディナータイム

17時~22時(ラストオーダー21時30分)まで営業しております。

自家牧場で育てた能勢黒牛・能勢黒若牛の焼肉を心ゆくまでご堪能ください。
新橋亭では、ご注文のお肉にタレをかけたり、からめたりしておりません。お肉本来の美味しさと食感を楽しんでいただくためです。そのため、お客様ご自身でお好みの味付けでお召し上がりください。

新橋亭特製タレ、岩塩、こしょうをご用意しています。こしょうはテーブルに置いているミルで挽いてご使用ください。

当店オススメは、塩コショウ+わさび乗せです。わさびご利用の際には、お申し付けください。

宴会プラン

新橋亭では宴会プランをご用意しています。
特別な記念日や団体でのご旅行にご利用いただいています。お一人当たりのご予算をお伝えいただければ、その中でお料理の内容を決めさせていただきます。

3日前までにご予約ください。
 

お客様の声

  • 赤身のおいしいお肉を食べた事ない方に教えてあげたい。
  • 今のご時世、安心して食べられることが何よりです。
  • 蛍は年に一回の出合いですが、新橋亭には四季をとわずお邪魔しております。
  • ボリュームたっぷりの地産サラダ。これは客を喜ばせる第一歩!
  • 肉質が柔らかく美味い。油があっさりしている。
  • 赤身が好きで、ここの肉が歯ごたえがあって旨味があるから。
画像をクリックすると、詳しく読んでいただくことができます。
Google+で共有 Facebookで共有 twitterで共有
HOME 電話する お問い合わせ